精神障害とリハビリテーション 第12巻第1号

特集1 追悼:岡上和雄先生
特集2 追精神障害リハビリテーションの境界を広げる


B5判/100頁/定価(本体1,500円+税) 2008年6月刊


巻頭言

精神科病院とリハビリテーションのあり方:浅井邦彦

特集1 追悼:岡上和雄先生

岡上和雄先生のご逝去を悼む:精神障害者と家族のエンパワ−に捧げられた生涯:江畑敬介
岡上先生の御前に感謝と祈りを:丸山 晋
川崎市における地域精神保健福祉の先駆的活動:大江 基
岡上先生と職親:金子鮎子
岡上先生のご足跡とご功績を振り返る:大島 巌

特集2 精神障害リハビリテーションの境界を広げる

【特集の趣旨】境界を越える:野中 猛
精神疾患と身体疾患を合併する患者の援助について:リエゾン・コンサルテーション精神医学の視点から:木村宏之・尾崎紀夫
脳損傷後に生じる高次脳機能障害の症状と対応,認知リハビリテーション:統合失調症との違いに注目して:先崎 章
うつ病リワーク支援の現状と今後:島  悟
当事者・家族が望む訪問サービス:萱間真美
職種の役割と多職種間連携:大谷京子
当事者との協働を問う:共に生きていく社会を目指して:岩崎 香・寺谷隆子・上野容子
WRAP:元気回復行動プランから学ぶ:坂本明子

奨励論文

復職準備をするうつ病休職者の心理社会的状態とSST による変化:被受容感の改善を伴った適度な自己注目を促す学習的介入:山本貢司・久保真理・横田安奈・石田 太・小関奈々子・松村英哉・後藤健一・三木和平

日本精神障害者リハビリテーション学会第15 回大会報告

チームワーク研究の到達点と課題:野中 猛
第15 回名古屋大会というマラソンを走り終えて:運営側からの印象記:朝倉起巳
やっぱCross Borders ! だで。:チームへの足がかり:池谷祥子・星野藍子
日本精神障害者リハビリテーション学会第15 回大会演題一覧

研究報告

統合失調症患者の退院後の生活場所に関する意思決定に影響する要因:大熊恵子
アルコール依存症における就労状況の実態:(社)大阪精神科診療所協会地域精神福祉委員会就労調査アンケートの結果から:田村理奈・辻本士郎・田川精二・吉田光爾・伊藤順一郎・相澤欽一

実践報告

精神障害のある人に対する地域での自立生活を可能にするケースマネジメントと多職種チームによるアプローチの検討:小泉奈津江・藤元君夫・秋月玲子・嶋川裕志・松原三郎

海外の事情

リカバリー志向への人材育成:米国マジソン・ビレッジ・ハワードセンターでの実践から学ぶ:香田真希子・中原さとみ・坂本大樹

図書紹介