精神障害とリハビリテーション 第14巻第1号

特集 リカバリー志向の実践とプログラム


B5判/100頁/定価(本体1,500円+税) 2010年06月刊


巻頭言

内閣府「障がい者制度改革推進会議」に期待する:伊藤哲寛

特集 リカバリー志向の実践とプログラム

【特集にあたって】:香田真希子
ストレングスモデルケースマネジメント その思想と科学:チャールズ・A・ラップ(翻訳:久永文恵 構成:栄 セツコ)
ACT 包括型地域生活支援プログラム―リカバリー過程の促進を目指して:足立千啓
IPS 個別職業紹介とサポート:池田真砂子,山本俊爾
WRAP(Wellness Recovery Action Plan)とWRAPクラス:大川浩子
IMR(IIIness Management and Recovery)―疾病自己管理とリカバリー:石澤和絵
日本におけるFamily to Family―家族による家族学習会プログラム:岡田久美子

奨励実践

だんだんの就業支援の歩―10年を振り返る:伊藤泰治

日本精神障害者リハビリテーション学会第17回大会報告

あさかホスピタルにおけるリハビリテーションの展開と地域統合の試み:佐久間 啓
紡ぎ,繋いだ福島大会 運営側からの印象記:渡邊忠義
統合的アプローチによる地域支援の実際 ささがわプロジェクト100人の生活支援の経過より:安西里実
日本精神障害者リハビリテーション学会第17回大会演題一覧

■原著

触法精神障害者家族にとっての他害事件 つながりの転換期:深谷 裕

■研究報告

精神保健福祉サービスにおけるピア・サポートの位置づけと米国ハワイ州におけるピア提供サービスの概要:福島喜代子

実践報告

拒薬への対応に関する一考察:英 一也,伊藤順一郎,ACT-Jプロジェクト臨床チーム
精神障害当事者の語りによる中学生の精神障害(者)に対する態度変容 教育現場における事業評価から:山口創生,栄 セツコ,芦田邦子,清水由香

ベストプラクティクス選考

第2回学会ベストプラクティクスの結果報告 総評に代えて:門屋充朗
ベストプラクティクス選考基準の細目について:田中英樹

海外の事情

WAPR 10th World Congress,Bangalore,India参加報告:瀬戸屋雄太郎,吉田光爾,久永文恵