精神障害とリハビリテーション 第19巻第1号

特集 精神障害リハビリテーションにおけるスーパービジョンの活用


B5判/100頁/定価(本体1,500円+税) 2015年6月刊


巻頭言

当学会の特性とサテライト企画の意味:上野容子

特集精神障害リハビリテーションにおけるスーパービジョンの活用

特集にあたって:小田心火
スーパービジョンとは何か:山根 寛
ACT-Zero岡山におけるスーパービジョン:西川里美
地域支援者のスーパービジョン─岡山県精神保健福祉センターの場合:野口正行
スーパービジョン・ニーズへの外部機関による実践とその課題
―大学および専門職団体による取り組みから:田村綾子
教育機関による卒後教育とスーパービジョン:岩井和子・小林正義・木村大介・古澤麻衣
保健師同士の学びを促進する場としての,自主的な事例検討会での体験
―三多摩精神科看護研究会の活動をふり返って:新村順子
支援者が「ともに学びあう場」としての事例検討会―「野中塾」の場合

■奨励実践

“つながっていくこと”で生み出される力―被災地におけるメンタルケアの実践を通して
[NPO法人相双に新しい精神科医療保健福祉システムをつくる会]:大川貴子

■原著

重症精神障害者における退院後の地域サービスの利用状況とコスト―ネステッド・クロスセクショナル調査:
山口創生,古家美穂,吉田光爾,佐藤さやか,下平美智代,種田綾乃, 坂田増弘,佐竹直子,西尾雅明,堀尾奈寞L,伊藤順一郎

■資料・情報

オーストラリア・ビクトリア州におけるメンタルヘルス・サービスシステム:名城健二

■日本精神障害者リハビリテーション学会第22回いわて大会報告

大会長基調講演:僕らのリカバリーストーリー:智田文徳
「地域」とは何か?―大会シンポジウム「震災からのリカバリー/阪神,中越,東日本から描く未来図」報告:黒田大介
リカバリーの風になろう―大会企画:村井 資
精リハ学会いわて大会開催記―いわて大会の開催を通じてつながりをつくる物語:安保寛明
日本精神障害者リハビリテーション学会第22回いわて大会演題一覧

■ベストプラクティス選考

2014年度第7回ベストプラクティス賞選考結果と総評:ベストプラクティス選考委員会
〈第7回ベストプラクティス賞〉市川コミュニティ精神保健医療福祉会議の歩みと実践
 :吉田光爾,品川眞佐子,武田裕美子,伊藤順一郎
〈第7回ベストプラクティス奨励賞〉地域精神医療と保健福祉の実践を目指して20年:医療法人唯愛会
 :半田文穂,半田卓穂,上野勝征,加藤達矢,阪本和範,櫟隆洋,真下美恵子,野崎雄司,奥山恭子

■第1回「野中賞」(研究表彰)の選考経過と受賞者について

安西信雄

■海外の事情

フィンランドのオープンダイアローグ:下平美智代
IPSの「現在」とその背景―アメリカ研修報告:村上裕輔

■図書紹介