精神障害とリハビリテーション 第20巻第1号

特集 日本精神障害者リハビリテーション学会第23回高知大会


B5判/100頁/定価(本体1,500円+税) 2016年6月刊


巻頭言

コ・プロダクションと精神科リハビリテーション:小川一夫

特集日本精神障害者リハビリテーション学会第23回高知大会

学会長基調講演:地域のなかで危機を乗り越える:伊藤順一郎
大会シンポジウム:四国遍路にみるホスピタリティ
大会企画シンポジウム:生のかたち:病院で,地域で(地域移行って,何ながよ?)
大会企画シンポジウム:天災は忘れられたる頃来る:災害に備える地域づくり,システムづくり
学会企画シンポジウム:当事者の声と実践からリハビリテーションを問う
大会ワークショップ:背中に絵を描こう:欲しいものは何?:宮本雄太郎
サテライト企画@新しい語り,新しい対話から生まれるもの:当事者研究・WRAP・IPS(intentional peer support)・オープンダイアローグ/Aスポーツを一緒にやらんかえ?:せっかく来たきぃ やっていきや
日本精神障害者リハビリテーション学会第23回高知大会を終えて:藤田博一
日本精神障害者リハビリテーション学会第23回高知大会演題一覧

■2015年度第8回ベストプラクティス賞

選考結果と総評:ベストプラクティス選考委員会
第8回ベストプラクティス賞受賞実践報告:問いと解の螺旋:E-JANの20年とこれから:大場義貴

■第2回野中賞(研究表彰)の選考経過と受賞者について:安西信雄

平成27年度野中賞最優秀賞受賞論文要旨:千葉理恵,宮本有紀,川上憲人,原田尚子

■奨励実践

じりつの実践は,コミュニティ創出モデル[特定非営利活動法人じりつ]:岩上洋一,吉澤久美子,松岡広樹,鈴木篤史,田中聡一,圓谷早苗,飯山和弘,前田 亮,忽滑谷裕美

■原著

重い精神障害のある人が孤立せず主体的な地域生活を継続するために必要な精神科デイケアの機能と役割:アウトリーチ支援を併用する精神科デイケアの全国実状調査の結果から:大山早紀子,大島 巌,伊藤順一郎

■研究ノート

統合失調症者のセルフスティグマ形成から安定した地域生活へのプロセス:長田恭子,福嶋杏子,三浦美香,河村一海,北岡和代

■資料・情報

精神障害者地域移行支援事業におけるピアサポートの導入と事業実績および事業実施状況との関連に関する全国横断調査:松本真由美,上野武治

■海外の事情

第12回世界心理社会的リハビリテーション学会(12th world congress of World Association for Psychosocial Rehabilitation: WAPR):須藤友博,小川一夫,長谷川憲一
当事者とつくる精神保健共同集会「患者の声を聴く会」:イタリア・ボローニャでの取り組みから:中山ちはる,大杉和洋,塚本さやか,夏目孝弘

■図書紹介