成田善弘著

新版精神療法家の仕事 電子書籍版
面接と面接者

四六判 264頁 定価(本体2,300円+税) 2015年2月刊


 精神(心理)療法家の仕事といえば患者(クライエント)との面接であろう。しかし実は面接以前の仕事、面接をその周囲から支える仕事がたくさんある。本書では面接そのものについてももちろんふれるけれども、面接以前の、あるいは面接周辺の仕事にもできるだけふれてゆきたい。また精神療法という仕事のいわば道具でもある面接者自身についても考えてゆきたい。……(著者「序」より)
 雑誌連載時から好評を博し,単行本化された面接論の名著,待望の新訂版登場!
 心理療法面接のプロセスを丁寧に追いながら,予診,診断,見立て,治療的介入の技術を解説,さらに現場で起こりうるあらゆる状況を想定し,緊急の電話,自殺企図や自傷,暴力などの困難な事態での対処法,そして,患者への話し方,治療者―患者関係において大事なこと,等を明快な文章で説く。
 初心者から中級者まで,実践的な精神療法面接の懇切な指導書である。

おもな目次


1 面接のはじまり─その1─
2 面接のはじまり─その2─
コラム 精神療法に何ができるか
3 沈黙と言葉
4 治療者の介入─その1─
5 治療者の介入─その2─共感・解釈・自己開示
コラム 「資格」をめぐる連想
6 転移/逆転移と解釈
7 面接のおわり
コラム 精神療法はどこへ行くのか?
8 短い面接について
9 精神療法家にとっての理論と経験
コラム 力動的精神療法について
10 「書く」ことについて
11 治療者のメンタル・ヘルス
コラム 昨今の若者について
12 精神療法家のライフサイクル
13 治療者自身の心の響きを知る
コラム 時が過ぎゆくごとに人生の一部が失われる
付 私の「研究」をふり返って
あとがき
新版あとがき