本誌への読者の参加を期待

成田 善弘(椙山女学園大学)

 新しい雑誌「臨床心理学」の創刊をたいへんうれしく,かつ心強く思います。この領域は近年急速に発展し,多くの臨床家や研究者が育っていますが,経験や研究を発表する場がまだ限られていました。本誌が多くの方々の発言の場となり,臨床心理学の実践と学問の発展に寄与する事を願っています。学会の機関誌とは一味違って,より自由な,より創造的な,より現場的な,より相互交流的な雑誌にしたいと思っています。
 日々の臨床経験の中で自分が感じたことや気付いたことを大切にし,それについて考えを深め,そしてそれを公にして他の人々に役立て,また批判も受ける。さらに他の人の研究から学び,さらにそれを検証してゆく。こういう営みは臨床家にとって不可欠のことです。本誌がそういう営みを育て,活発にするような雑誌になってほしいと思っています。皆様の本誌への参加を期待します。