近接領域との協力,協労も

村瀬 嘉代子(大正大学)

 近年の臨床心理学に対する社会の関心の高まりや,臨床心理学を学びたい,と志す人の増加,これらは人々の精神保健の増進にとって,喜ばしい現象でありましょう。
 一方,臨床心理学は奥行き深く,かつ対象とすることは多岐にわたります。さらに,学問としての歴史が浅く,発展途上にあり,私どもはその発展を目指していかねばなりません。とりわけ,社会の現実的要請に応える質の高い臨床心理学の構築を考えると,これまでの蓄積の上に新しいパラダイムの展開が求められています。
 心理臨床の営みには,近接領域との協力,協労関係が不可欠です。この誌上,学際的な討論なども積極的に行われ,臨床心理学を逆照射する視点で検討することも期待されます。理論と実践が裏打ちしあった研究ならびに実践の成果が広く問われる場になることを期待します。