発展と充実の新しい器に

村山 正治(東亜大学)

 このたび,金剛出版から『臨床心理学』が創刊されることはすばらしい壮挙であると思う。臨床心理学の発展は目覚しいものがある。日本心理臨床学会の会員は1万名をこえ,文系最大の学会になっている。第1回大会(九州大学)は600名だったことを思えば,隔世の感がある。臨床心理学の発展には学問として,職業としての両面の発展が必要であり,且つその両面を乖離させないことが肝心である。アカデミズムに偏らず,特定の方法論にこだわらず,人間理解のための現場からの豊かで新鮮な発想,新しいアプローチや問題提起に開かれた雑誌にしたい。しかも日本から世界に発信できるような充実した内容の論文,論説がたくさん生まれることを期待したい。
 臨床心理学に対する社会的要請はますます大きくなるであろう。周知のスクールカウンセラー事業を一つとってみてもそのことがよくわかることである。新しい課題に挑戦していくためには,私達1人1人の実力を養うことが何より大切である。おたがいに切磋琢磨して本音をぶつけあう器として本誌が発展していくことを期待している。