臨床を勇気づける誌面に

乾 吉佑(専修大学)

 臨床心理領域の経験や研究成果を掲載する雑誌が,他の専門領域(例えば,精神医学など)に比べて少ないことを常々感じていました。この度,「臨床心理学」が金剛出版の後押しで刊行されることになり大変喜ばしく思います。
 本誌の編集委員をお引き受けするにあたり,私としては以下の二点を心がけたいと思います。第一は,クライエントとのかかわりで掬い取られた臨床事象の細やかで味わい深い着想や気づきあるいは思索の過程を自由に語り合えると共に,読者も交流できる場としたい。
 第二には,科学としての臨床心理学の独自性や専門性についても是非検討したいことです。日常臨床の直接課題ではありませんが,資格法制化に当たっては直ちに問われることです。それと共に臨床心理士は何ができるのかを明確化する作業ともなるからです。ミニ教師,ミニ医師ではない我々,“臨床心理士の専門性と独自性”が今問われています。
 以上のように,本誌が臨床家を勇気づけ励ます場となると共に,社会に開かれた雑誌となることをめざしたいと考えます。